とうとう開始する時という段階では第一に下調べを手抜きしてはいけません。75-14-31

取引を始める前起こる事を論理的に調査する事が出来ます。75-16-31

だがしかし、ただ一度売買の内側に深入りするとどうやっても捉え方が独りよがりになってしまいがちで、時にはしっかりとした見方がわからなくなる恐れが生じる。75-7-31

それだけに自らのメンタルが冷静な段階で、間違いない準備をしておくことが重要です。75-18-31

その”準備”とは、最初は物語を書くことから始めます。75-8-31

将来の投資環境はああだからNZドルを取引するというふうに、自分だけのストーリー展開を考えていきます。新谷酵素 アトピー

その次は時間足チャートをチェックしよう。75-17-31

これまでのマーケットの上げ下げを見て、今日の値動きを見ます。75-13-31

すると、「今のところ割りに高すぎる水準になっている」など、または「大方の投資家が売買しているから、これから先遅れて売買しても今となっては遅すぎるな」などと理解できます。75-4-31

今さら売り(または買い)するがなすすべがないと思っていたら、何もせず、そこのところはきっぱりとあきらめることか必要です。75-20-31

どう試みても自分のストーリー展開を押し通して無理に新規エントリーするとマーケットに押し返されてしまいかえって損することになるリスクがあります。

とは言うもののかなりの場合、準備万端の物語を作っておくとエントリーがなすすべがないという状況にはならないだろう。

おそらく、本格的に為替相場が上下動する前の状態のはずだからです。

その次は、とりあえず自分自身がエントリーしようと決めている外貨ポジションの変化を、ちゃんと確認する事が大切です。

仮定としてドル高になると予想する台本を描いたのであればその通貨の変化に注意を払っておきます。

為替相場の推移を気をつけ始めた段階では、まだその外貨は変化する兆候を見せることなく上下にわずかな変化を繰り返しているだけでしょう。

だが、その動きをじっくりと調べているとあるところで確実に、ドル高へと相場が向い始めます。

この状況でようやくドル買いのエントリーします。

一般的に、そこまで慎重に用意をすれば、その売り買いで利益を上げる割合は高くなるはずです。