LINK

現金化を目的に電車等の乗車券等を大量決済してしまう・・・カード現金化サービスを使わずに利用者自身が換金目的のクレジットで決済するのも同じです。ストレスで顔かゆい

現金化する方法を目的としたカードの決済であればカードの契約内容違反と見做されるからであります。ドレスリスト 店舗

大量の電車の切符の他切手販売等でのカード決済については、場合によっては現金化する目的なのではないか、などとマークされる場合が考え得るので、細心の注意するべきです。アフィリエイト おすすめ

それから、利用時点でキャッシング利用枠というものが上限になられてしまっている契約者場合、電車等の乗車切符などを決済するだけであってもクレジットの会社からチェックが入ってしまう場合もあるから、資金不足時のカード払いは出来なくなると思われます。カイテキオリゴ 新生児

お金に困っている場合に頭をよぎる手段はみんな、同じようなことなのだろう。冷凍 贈り物

カードの会社から見て喜ばしくない使用法をすること少し前に話題だった『永久機関』であったり、カード発行会社に対して一つも利益となり得ない利用を行った場合には、カードの会社側から強制退会という扱いになってしまう場合さえもあるのです。

Webに出回ったクレジットカードポイントの不正な入手等世間に流れていない秘密の手段があっても、そのような手段については一切カード会社の規約違反となるのでまず使用しないようにして欲しい。

強制失効に関するデータは信用機関へ流れる・・・クレジットカードを強制失効させられた場合でも、他のクレカというのは使用可能んだから、少しくらいは大丈夫??という風に考える方はこの時代の情報社会でその思考が信用を失う可能性もあります。

なぜなら、まず強制没収になってしまうという場合においてはクレジットカード各社により閲覧出来る信用機関にあなたの契約情報が記載されることにより、強制退会された人の社会的信用がガタ落ちとなる事態があるのです。

所有しているたったひとつでもクレジットカードを強制没収となった場合他社のクレジットカードでさえも作りにくくなる場合もありますし別の使っているクレジットカードも没収扱いとなる事例もあるのです。

幸運にも継続使用できるようでも期限切れとともに使用できなくなると思われます。

とにかく何度も述べていますが強制退会となってしまう利用の仕方は絶対することがないよう健全にクレカをご使用頂きたいと願います。