LINK

日刊紙のチラシ、ゴシップ新聞、電話ボックスに張り付けられたチラシやダイレクトメールで、「多重負債の片付けやります」「債務を一括化したいですよね」などといった宣伝を目に入れることが多いです。うつ病と不眠症

「片付け屋」「買取屋」「紹介業者」という通称の企業の嘘広告のときがあったりします。

こういったものを使用した場合では破産申請手順の中で一番重要な免責決定を受け取れない恐れも存在します。

「整頓人」は広告などで多重負債者を引きつけ、常識外の料金を請求して整理を行いますが債務整頓はなされず、負債者は一層の借金地獄に陥るケースが9割方と言えます。

「買取専門人」というのは当人のクレジットカードで電化製品、電車の利用チケットを多量に注文させて、債務者から買った物品を定価の1割ー額面半値で買い直すという手口をとっています。

一時的にはお金が増えますがいつかクレジット企業経由で品物の定額の催促が送られて来ることになり、結局のところ借金額を増額させる結果となります。

この場合だとカード業者に対して詐欺であるとされて免責許諾を受けられなくなります。

「紹介屋」は大口の消費者金融から借りられなくなった負債者について直接の融通はしないで、金貸しをしてくれる異なる貸し手を教えて、手数料を要求する業種です。

紹介者は高度な経由で金貸しが受けられたという口調でしゃべりますが本当のところは何もしないまま種は簡単で調査の甘い業者を伝えているだけなのです。

このときも現実には借金を重ねるだけです。