LINK

自動車事故は自身だけの事故と他者が関わった自動車事故が存在します。グリスリン

己だけの事故の時には、自分が事故処理をしてしまえば完了しますが他者が関与した自動車での事故はそれぞれにどれだけの過失があったのかを確かめてこの状況によって乗用車の修復の費用や示談のお金かいくらのかなどが決定されますので自動車の保険屋さんの担当者を交えてのやり取りが不可欠です。アフィLab

大抵の自動車事故状況で、各々に多少の過失がある場面が多くどちらか一方の手落ちだという場合はほとんどないようです。

言うまでも無く赤信号無視や一時停止無視などはかなり大きな責任になりますが、被害を受けた人であっても手落ちがあると言われます。

車での事故の状況ではどの車の過失で発生したのかという決着が大切にされますのでその結果を誰にも分かりやすく示したのが「過失割合」(過失割合)です。

例えば、前述した信号が赤でも進んでしまったり一時停止しなかった事情ならば、法の上では相手方に全部の過失があるように見えますが、この場面で事故の原因になった自動車が前から来て見て確認できた時だとすれば被害者だったとしても注意不足として1割ほどの手落ちがあると判断されるかもしれません。

その状況では事故を起こした相手が9割、事故に巻き込まれた人が1割過失となり責任が大きな側にミスが問われるのです。

自動車事故の過失の割合それ以前の自動車事故の判例を参考にして決定するケースが多く、日弁連交通事故相談センターから示されている認定基準表が基準として利用されます。

このような過失割合の、割り当てが大きければ大きいほど落ち度要するに賠償すべき金額も大きくなるので交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方に参加してもらって落ち着いて相談する事が重要です。