LINK

自動車保険には任意保険または自賠責保険に代表される2つの種別があるのです。

自賠責保険、任意保険の双方ともに、万が一の自動車事故など遭った場合の補償に関するものですが契約の内容は若干違います。

自賠責保険と任意保険を比較すると補償が可能な範囲が区別されているのです。

※相手については自賠責保険・任意保険で補償されようになっています。

※自分自身に対しては、【任意保険】によってのみ補償します。

※自己が所有する財産へは、[任意保険]で補償されるよう取り決められています。

自賠責保険だけでは、自らへの手傷または車に対する補償は享受できません。

さらに相手に向けての賠償などですが自賠責保険ならば亡くなられたケースでは最高額3000万円、後遺障害を与えてしまった場合最高額で四千万円という風に決められているのです。

しかし実際の賠償額が前述した額面を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。

かてて加えて事故の相手方の所有する乗用車または家屋を破壊してしまった時については事故を起こした者の完全な自己賠償になるという決まりです。

そのような負担を防ぐために任意保険という別の種類の保険が重要なのです。

害を被った人の救助に重きを置く任意保険というものにも実は、それに留まらない役割があるのです。

※事故の相手方へは、死亡時ないしは怪我のほか車もしくは建物などといったものの所有物を賠償してくれるのです。

※自分自身へは一緒に乗っていた者も含め、死亡時や怪我を補償してもらえるのです。

※自己が所有する財産に関しては、車両を補償するのです。

そのように種々の面についてサポートが行き届いているのが任意保険における利点です。

払い込みは必須となりますが事故の相手方のためにも自分自身の安心のためにも、車両に末長く乗りたいのであればぜひとも任意保険にお世話になっておくとよいでしょう。