LINK

特定調停というのも任意整理による解決と変わりなくおのおの債権者に対して返済を続けていくことを選択する債務を整理する選択肢なのです。フリーエンジニア 求人

わかりやすくいうなら裁判所がやる借金の整理と考えることができます。

任意整理による処理と似ていますが自己破産手続きとは違いある部分だけのお金のみを処理していくことができますので、他に保証人が付く負債額以外について手続きをしたい際や自動車ローンの分を除いて処理する場合などにおいてでも適用することが可能になりますし、全ての財産を放棄する必要がないため投資信託や住宅などの個人資産を所有していて処分してしまいたくない場合でも活用可能な借金整理の方法になるでしょう。

いっぽうで、これから返済が必要となる額と現実として可能な収入額を比較し、常識的に見て返済が見通せるようである場合は特定調停による処理を進めることは問題ありませんが、自己破産と違い負債自体がクリアになるということではありませんので、借金の総量が大きい場合などは実際問題として方法を取るのは難しいということがいえるでしょう。

また、特定調停は公の機関が中に入るので弁護士などのプロにゆだねなくても立場が弱くなってしまうことがないということや解決するための金額を圧縮できるというメリットがありますが貸し手のわずらわしい取り立てに対し債務者自らが対応しなければならないことや実際に裁判所に数回顔を出す手間を要するなどの覚えておきたい点もあります。

くわえて、任意整理による解決に対して和解が成立しない場合には求められている利息をそのまま付けた額で払っていかなければいけないことや貸方に対して返済していく合計額が任意整理と比べて割高になる場合が多いという注意が必要な点もあります。