現在ではまれな場合を例外として切手の売店でクレジットを使う事ができる場所なんてものは存在しません。上記の根拠から、American Express、Diners clubなどの商品券を活用した直接商品を買うのでないクレジットカードの場合はろくには実際には実行することは不可能です。それじゃどういう技を使えば直接でないクレジットカード使用が可能なのでしょうか?と聞かれればそのやり方とは現在、流行している電子マネーというEdy(エディ)、QUICPay、その他はICOCA、WAON、nanacoなど。このようなもの活用して直接的でないカードをするという事ができたりします。PASMO、QUICPay、またはSuica、nanacoなどはカードで取引するという事ができる券◇Edy(エディ)、iD、QUICPay、またはSuica、WAON、nanacoなどに馴染みのない方から見てみるとなんとはなしにハードルが高い思いを持たれる可能性があるかもしれませんがそういう電子マネーはたとえるなら普通の金券です。VISA、MasterCard、NICOSなどのギフトカードとまるで相違点はないものです。重ねてこういった電子マネーはクレジットカードを利用して簡明に買い入れが可能なという点が便利なのです。こういう電子マネーというものはこのところカラオケをかわきりに、街ナカやいろいろな売店などなどにおいても駆使する事が可能なようになっているようだ。「このお店ではカードはご実用にならないでください」というように貼り紙されているようなお店でもEdy(エディ)、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなどなら用いれる実例が多いのです(カードポイントがしっかり得られる)。よってクレジットが利用できない店だとしても直接的でなくカードを使用する技で、クレジットポイントだけゲットしていこうというやり方です。いつも通り高いショッピングを楽しんでいる限りでは獲得できないカードポイントなので、絶対実行する事をやってみていただきたい。