LINK
FXに関しての面白みは単品の投資商品であるのですが、資金投下の期間を短い・普通・長いのうちどの期間をセレクトするのかということによって、資金を費やすやり方が全然変わるという点にあると言います。外国の貨幣へ投資の「長期」について考えてみよう。長期スタンスとは一年以上の長期出資を前提にしているのです。為替相場においては、一年も先の為替相場は円高であるか、あるいは円安かを推測することは、苦難に違いありません。現実的には「そんなに後々の将来のことは見当もつかない」と思うのが当然のことだからです。見当もつかないことをなんとか推測しようと思っても無謀なことなのです。そのため他国の貨幣を買ったと仮定して、そのタイミングでのレートよりも円高になったとしても、その差損分は近い将来元に戻るはずだという気楽な感じで取引に向かうことが大切です。為替差益を求めるばかりでなく、別の方法での収益要するにスワップ金利で稼ぐのを、まず一つの目的ということで出資しましょう。当たり前ですが、少しの期間で為替差損にマイナスがひどく膨らんでしまうことがあります。したがって損が大きくてもさほど影響を受けないようレバレッジをなるべく少なめに取引するのが大切です。外国為替証拠金取引は為替差損がある範囲よりも大きく拡大すると追加保証金(追い証)が出て来たりストップロスになったりします。ストップロスがかかったらさっさと取引を打ち切りすることになり、長期の取引が難しくなります。この手のリスクを抑えるには、レバレッジ2?3倍くらいでやり取りするのが安心です。第二に中期投資を狙った取引を説明します。中期の場合最大で1?2ヶ月程度経った頃を見越しての売買となります。為替の取引の際は、1ヶ月ほど後のことであればだいたいの場合予測可能かと思います。G7の類の公式の閣議であったり、為替トレードに参加している人たちがどのようなことに注視しているかを見れば、だいたいの場合予測できると思います。こうしたファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見る一方、チャートをチェックすることで為替の相場の状態を理解できるようになりトレードをジャッジする方がいいでしょう。基本的に経済情勢とジャッジの両方とも良い方向であり、あるいはどちらも買い傾向が一致している時は、ほとんどのケースでは思った通りに変動すると考えて差し支えありません。その際は持ち高を増やしておく事でもっと高い儲けを得られると思います。第三に短期のスタンスの重要点。ここでいう短期のトレードというのは、すなわち日計り取引のことを意味しています。為替でデイトレーディングを行う時、ファンダメンタルズはまったく関係しないと断定していいです。というのも翌日の為替レートの動きに、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は影響ないからです。この場合最大のミソは大規模な催しがある場合それに影響して為替レートが目立って変動する機会を見落とさないようやり取りしましょう。例として、アメリカ合衆国にて雇用情勢が出されるまたは金利政策などで制作金利が変動するくらいの催し。こういう大事な機会に動きを捉えるという理由で、短期スタンスでは高度な要素が欲しいところである。